(1)赤血球形態 4.形の異常

涙滴赤血球(dacryocyte, tear drop cell) 赤血球の一端が伸びて西洋梨形ないしは涙滴形(tear drop)を呈する。塗抹標本の引き終わりや辺縁ではアーチファクトが起こりやすい。典型例では方向が多彩である。

出現する病態
髄外造血を伴う骨髄線維症、癌の骨髄転移など

図VII-15. 涙滴赤血球
PREVNEXT

はじめに
(1)赤血球形態
1. 正常赤血球
2. 大きさの異常
  - 赤血球の大きさ
  - 大きさの異常による貧血の分類
3. 染色性の異常
  - 低色素性
  - 多染性
  - 染色不同症
4. 形の異常
  - 球状赤血球
  - 楕円赤血球
  - 口状赤血球
  - 鎌状赤血球
  - 菲薄赤血球
  - 標的赤血球
  - ウニ状赤血球
  - 有棘赤血球
  - 涙滴赤血球
  - 破砕赤血球
5. 配列の異常
  - 連銭形成
  - 赤血球凝集
6. 赤血球封入体
  - 好塩基性斑点
  - Howell-Jolly小体
  - カボット環
  - Pappenheimer小体
  - Heinz小体
  - 赤芽球
  - マラリア原虫
  - 三日熱マラリアと熱帯熱マラリアの鑑別
(2)赤血球形態異常症例検討
- 破砕赤血球編
- 三日熱マラリア編
- 熱帯熱マラリア編
(3)赤血球恒数
- 赤血球の大きさに基づく貧血の分類
- MCVとRDWによる貧血の鑑別
(4)網赤血球と病態
参考文献


 血液形態Webセミナー - 講義編 - VII 末梢血の赤血球形態